平成を振り返って

2019年5月7日

平成。

 

とうとう終わりですね。

なんか一瞬で過ぎてしまったなぁ、、、

 

振り返ってみると、僕の人生の99%は平成という時代でした。

 

カッパは昭和生まれなんですが、昭和63年産まれなんで、記憶は平成しかありません。

その時代が終わってしまうんですから、感慨深いものがありますね。

 

ということで、平成を振り返る漢字を29日に嫁と習字で書いてみました。

 

平成を表す漢字

 

あなたの中で平成を表す漢字はなんですか?

 

嫁と書き初め?をするにあたって漢字を決めないといけません。

 

一生に一度有るか無いかの元号の移り変わり。

 

丁寧に考えます。

 

平成を表す漢字を3つ。

 

嫁が選んだ漢字は

の3つ。

 

『実』は結婚できたり、妊娠したり、色々実ったという意味だそうです。

 

『春』は、青春、楽しい思い出しかないという意味。

 

『成』は僕の名前にまつわる漢字だそうです。

 

カッパが選ぶ漢字

カッパが選んだ漢字は

でした。

 

『膝』は、僕の人生の中でTOP3に入る出来事を表してます。

膝の怪我です。

これがなければ太ってもないだろうし、スポーツもバリバリこなしてるはずです。

けど、膝を怪我したからこそ、怪我した人の辛さもわかるようになったし、嫁にも出会えました。

人生を変えた出来事です。

 

『梅』は辛いことと楽しいことが半分ずつあったな。いい塩梅だったな。の梅です。

本当にちょうどいい感じで楽しいことも辛いこともありました。

 

『成』は僕の名前にちなんだのと、夫に成った、父になった、平成の成などいろんな意味で選びました。

 

考えれば考えるほどいろんな漢字をおもいついたけど、あえて3つに絞るならこの3つです。

 

他に候補として子(平成は子供だったけど、令和は親になる)とか、失(色んな失敗をしてきた)などがありました。

 

最後に

うん。

 

色々あったな。

 

けと、僕にとっていい時代だったな。

 

『終わりよければ全て良し。』

 

嫁と結婚できたし、子供もできた。

 

本当に良かった。

 

親にも祖父母にも感謝。

 

令和もいい思い出でいっぱいにしたいな。

 

カッパ嫁。

 

これからもよろしく。

 

お腹の子供も産まれたらよろしくな!

お前のためならなんでもするからな!

2人とも愛してるよ。

って感じで締めたいと思います。

 

 

令和もよろしくお願いします。

カッパ

日記

Posted by カッパ