カッパ夫婦に子供ができた日の話

なんと、カッパ夫婦に子供ができました!

 

パチパチ!

 

結婚式を挙げてから3ヶ月目。

2019年2月23日に妊娠が判明しました。

 

報告を受けてから今まで色んな事を考えたので、書いていきたいと思います。

 

妊娠判明当日

元々嫁は生理周期が長く、産婦人科で子供ができにくい可能性があると言われていたそうです。

なので、できないことを心配している感じがありました。

 

カッパ的にはまだ結婚して半年もたっていないし、子供ができるまで1年かかるのも普通と聞いていたので特段心配していませんでした。

どちらかというと、まだまだ2人で旅行したり、遊んだりできる喜びの方が大きかったな。

 

嫁にもこう伝えていましたが、やっぱり気になるようで少しノイローゼみたいになってましたね。

 

そんな矢先

僕がお風呂に入っていると、嫁がトイレに入った音が聞こえてきました。

 

それ自体は普通にあることなんですが、この日は違いました。

 

トイレから出たあと、もの凄い足音を立てながら近づいてくるんですよ。

 

トイレの後にダッシュしてくる時点である程度想像はついていました。

検査薬で陽性が出たかな?

案の定ですよ。

 

できた!!!子供ができてた!!!(絶叫)

 

いやね。

嬉しいのは分かるんですよ。

けど、夜ですよ。

ご近所さんは下手したらもう寝てる時間ですよ。

 

しかも、カッパ夫婦の家って、お風呂が狭いんです。

家賃は高いのに。

二人で入るとキツキツです。

 

そんな狭いお風呂で大絶叫されたもんだから、響く響く。

 

できた!!!

できた!!!

できた!!!

できた!!!

 

 

うるさい!!!

 

ええ。

これが、僕が放った最初の一言です。

後悔はしてません。

 

嫁はこれを笑い話にしてます。

一生言われ続けるんでしょうね。

子供にも言われそうです。

 

パパはね、あなたができた時にうるさいって言ったのよ。

パパ最低!

 

うん。

いい家庭だ。

男親は嫌われるくらいがちょうどいいのよ。(大泣)

 

現実主義

こんなやり取りをしたんですが、実際には頭がフル回転してました。

 

子供が生まれたらもっと広い部屋に引っ越さないと。

お金は大丈夫か?

出産費用とか、幼稚園とかいくらかかるんだ?

 

男ってこういう時に現実的に物事を考えてしまうようです。

嫁的にはもっと手放しで喜んで欲しかったようですが、無理でした。

嬉しいんですが不安も同じくらい大きい。

 

これが妊娠が発覚した時の正直な気持ちです。

 

かっぱ

雑記

Posted by カッパ