会社のストレス分析を受けると衝撃の結果が

最近異常にだらけてしまっているかっぱです。

何をするにもやる気が出ない。

夏バテなのか、精神的にやられているのか。

後者だったら怖いなあと思っている時に、タイミング良く会社のストレス分析がありました。

結果は・・・

まあ、去年も同じ結果だったんで、想定の範囲内。

ただ、去年は産業医面接を受けていなかったんで、今年はせっかくタダなら受けてみようということで、面接に申し込んでみました!

すると、後日上司に別室に呼び出されました。

 

「ストレス分析の件で人事から連絡が来てるぞ。」

そうなんすか。

「面接受けるってなってたけど、本当に受けるんか?」

ストレス分析結果の画面で面接を依頼というボタンがあったんで押してみました。

「人事の評価にも影響が出るかもしれんぞ?」

そうなんですか?けど、もう申し込んじゃったんで受けてきます!

「お前何がストレスになってるんだ?」

その後、面接の説明を受けたんですが、人事と上司にストレス分析の結果を開示すること、面接は自分で申し込むことと言われました。

 

ストレス分析のアンケートの中には上司に関する質問もありました。それなのに、上司に開示するっておかしくないのか?

そのまんま悪口になっちゃうだろ。

次に、まずは部下の精神的なところを気にかけるような言葉が欲しいよね。最初に出てくる言葉が人事の評価って。要するに部下が面接を受けると上司の評価にも影響が出るんでしょうね。

とにかく、個人的な情報で、上司に関する記載もあるのに開示する本社人事は頭おかしいと思う。

専門家が作ったサイトでも暇=ストレス

アンケートでは、やりがいがない、仕事が暇過ぎる、ことを激しく訴えました。

それで高ストレスと判定されるということは・・・

ストレスに関する専門家からは、

『暇過ぎるというのもストレスの原因になる。』

とされてるんですね!

自分だけが異常で、暇をストレスに感じているわけじゃないみたいです。

この事実を『忙しい自慢マン』に教えてあげたいですね。そうすれば少なくとも「お前暇そうでいいなあ。」と言われることは無くなりそうです。

正直に答えることのデメリット

今回は会社のストレスチェックで高ストレスと判定されてしまいました。普通の人なら当たり障りのない回答をして、やり過ごすことが多いかと思います。

それが上手い生き方であることは認めます。けど、そういう人が多いから辛い人が声を上げにくくなっているんだろうなとも思います。

せっかく会社が実施しているストレスチェックなんだから正直に答えて、他にも暇過ぎて苦しんでいる人の助けになればいい。

職場の人間関係がおかしくなったらすぐにでも転職すればいいだけの話。

資格を持ってて良かった。

 

資格を持っていなくとも働く場所はどこにでも転がってます。今ならパソコン一つで仕事はできるわけだし。家でもOK。

 

というわけで、会社のストレスチェックを受けたカッパでした。

産業医との面会が終わったらまた報告したいと思います!

 

高ストレスかっぱ

日記

Posted by カッパ