ゼクシーとか色々使ってより良い式場を探す話。

2019年9月9日

前回の結婚式日記『カッパ結婚しました。しかし、結婚式は挙げたくない。』で結婚式を挙げることに前向きになってきたカッパ。

結婚式場を探すことになったカッパにはきつい試練が待っているようです。

人の話をじっとして聞けない、長時間外に出かけると疲れるカッパは結婚式場めぐりを無事完遂することができるのか!?

 

式場めぐり

たった数時間のお食事会だけで数百万円ものお金がかかるなんて。

 

アホか。

 

僕の場合運が良かったのが、嫁もそういう考えを持っていたこと。

『なるべく安く済ませよう。けど、わざわざ遠くから来て、さらにご祝儀まで払ってくれるゲストに出すもの(食事とか引出物)はケチらないようにしよう。』

 

カッパ夫婦結婚式の隠れたキャッチコピーが決まりました。

『安くできるところは安く、しかし、ゲストは大切に。』

 

これが、とにかく結婚式をド派手にしたい。目立ちたい。花嫁が主役。

的な女性だったらこうはいかないな。

カッパ嫁を選んでよかった。

 

けど、やっぱり結婚式は自分たちの親のためにも挙げる方向になりそうです・・・。

やりたくないけど、やらなくちゃいけない。

大人になるとこんなことが増えていく。

 

子供に戻りたい。

 

駄々をこねても嫁には通用しないので、とりあえず大分市内の式場を調べてみた。

 

式場って知らないだけで、こんなに数があるんだ。自分が式を挙げる時にならないと意識してみてないからな。

 

ただ、やみくもに式場に突撃すればいいというわけではないようで、ウエディングフェアとかいうものを狙っていけばかなりお得なことがあるということをカッパ嫁が言ってました。

 

あんまり乗り気じゃないという割には速攻でゼクシーを買ってきてる・・・

カッパ嫁「せっかく大金かけてやるんだから、楽しまないと」

 

これは大変なことになりそうですね。

雑記

Posted by カッパ