仕事の暇な時間に資格の勉強を始めた話

2018年7月3日

こんにちは。カッパです。

今日も安定して暇な時間を過ごしています。

けど、最近は考え方が変わってきたのか、あまり辛いというわけでありません。

仕事が暇なことを受け入れる

最近は仕事が暇なことをポジティブに捉えられるようになってきました。

昔のカッパ「ここまで仕事がないなんて必要とされてないんじゃないか?時間過ぎるのおせえ!時計止まってるんじゃないのか!?精神と時の部屋かよ。」

今のカッパ「暇な時間を有効活用すれば1日5時間は勉強とかサイト作成に使える!これで不労所得を作れるぜ!」

 

今のカッパも一般的に見ればクソ社員なんですけどね。

それが何か?

最低限の仕事は終わらせてるし、手伝ってって言われれば手伝ってるし。

最近はこんな感じで精神的な成長というか、開き直ったので色々なものが見えてくるようになりました。

最近は暇な時間をブログを書く時間に当てています。

ただ、やはり上司の目が気になる。

会社の資産であるパソコン、ネット環境を使って自分の副業をやっていると後ろめたさは0にはできません。根っこの部分は善人なんでしょうね。カッパは天国に行けそうです。

ということで、会社ではブログ作りだけではなく、資格の勉強もするという自分ルールを加えました。

 

資格勉強なら会社のためにもなるし、見つかってもそんなにお咎めは受けないはず。

会社補助の資格雑誌

僕が働いている会社では会社が推奨している資格ならば、テキストや受験費用を補助してくれる制度があります。

こんな制度あなたの会社にもありませんか?

 

大手を振って暇な時間に勉強もできて、資格をとれて、会社からの補助まで出るなんてまさに一石三鳥。

これを利用しない手はありません。

会社側からしたらこの資格を取って日々の業務に生かしてほしいと思っていることでしょう。

 

ええ。生かしてあげましょう。

自分自身のために。ククク・・・

 

実際はここまで悪いことを考えながら資格を取ろうと思ったわけではないんですけど、結局は資格は自分の物。

今の会社を辞めた後も自分の武器になるっていうのが一番の理由ですね。

どの資格にするか

雑誌を見てみると、パワーポイントやエクセルの少し難易度が高い技術をマスターするものや、心理学に関する講座がありました。

こんなものは受講しても僕の人生において意味は無い。

無駄無駄無駄ァッ!!!

 

ということで『資格という目に見える形で残るもの』かつ、『自分の人生で役に立つもの』にすることにしました。

会社の資格雑誌の中では簿記が一番条件に合っていたのでまずは簿記を取ろうと決めました!

 

まずは3級を取る!

 

商業高校に行った人や大学で経済の方に進んだ人にとっては、「いまさら何言ってんだ。高校生でも持ってるぞ。」とか言われるかもしれませんね・・・。

 

けど、この泥沼を抜け出すためには何かを始めないといけないし、いいきっかけになればいいな!!!

かっぱ