【最新版】初心者でもわかる!NAVERまとめ作成方法徹底解説!

2018年9月14日

この記事を読んでくれている人はネットビジネス自体が初めてという前提で書いていきます。

もうすでにネットビジネスをやったことがある方はこの記事を読んでも時間の無駄になるので、他の記事を読んでね!

NAVERまとめとは?

サイトを作る時に全て自分の手で作ると、HTMLに始まりCSS、PHPなど様々なことを勉強しないといけません。さらには画像や文章も自分で作らないといけません。その膨大な勉強量を乗り越えてでもサイトを作って稼ぎたいという人は、最初からそちらでサイトを作った方が遠回りだけど近道です。

なるべく早く、初期投資は無しで、少額でもいいからネットで収入が欲しい人はまずはNAVERまとめから始めてみましょう。

ネットビジネスにおける面倒くさい勉強はいらないし、費用もかかりません。誰でも簡単にサイトを作ることができるようになります。

ただ、初めてすぐはどの機能をどのように使うのかが分かりづらいんです。慣れれば簡単だけど、やっぱり最初にきちんとした使い方を知っておいた方が上達は格段に早くなります。

そこで、このページではNAVERまとめの作り方を初心者向けに詳しく解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

各機能の解説

まずはそれぞれの機能の基本的な使い方から。ちなみに、機能を最大限に生かして、まとめをカッコ良くするためのテクニックはこちらの記事を読んでください。→初心者必見!まとめを見やすくするテクニック大公開!

リンク


リンクは他のサイトを紹介する時に使います。下の検索窓に表示したいサイトのURLを入力して、保存をクリックするとリンクが作成されます。

リンク下のイメージ画像を非表示にする場合は画像無しにチェックを入れればOKです。画像を表示するとリンクの部分が大きくなり閲覧者にとって見にくい記事になることが多いのでどうしても表示したい時を除いて非表示にしておいた方が無難です。

下の方にあるリンクの紹介コメントの部分にはリンク先を自分の言葉で説明したい場合に入力しましょう。

↓こんな感じのリンクが作成できます。

画像

画像はNAVERまとめを作成する上で最も重要なコンテンツ。

文字だけのまとめは単調な印象を与えてしまい、閲覧者が疲れて長時間読んでもらえることが少なくなってしまいます。あなたも欲しい情報が明確に決まっている時を除いて、文字ばかりのサイトを読みたいとは思いませんよね?

長めの文章1つにつき1つの画像を入れるようにするとちょうどよくなります。

画像を追加するには赤○で囲んである画像という部分をクリック。その際に、2つの追加方法があります。

  1. ネット(GoogleやYahoo!)で探した画像を追加する。
  2. NAVERまとめの機能を使って検索し、追加する。

この2つの追加方法を場合によって使い分けます。

1.ネットで探した画像を追加する。

ネットで自分が見つけた画像をまとめに追加するには画像のアドレスと掲載されているサイトのアドレスが必要になります。

初心者にとって最初の難関はここ。僕も初めはこれがよく分からずに苦戦しました・・・。画像のアドレスにサイトのアドレス。なんのこっちゃ。

僕の場合は自分で試行錯誤して解決しましたが、時間を無駄にしました。調べれば一瞬で解決できたのに。

では説明していきます。

”画像”のアドレスは画像を右クリックして画像の『プロパティを見るか、『画像のアドレスをコピー』で入手出来る。ここで注意しなければならないのが、画像のアドレスをコピーしなければならないことだ。最初はよく分からずに画像をコピーして貼り付けようとして数時間悩んだりもした。(恥)

画像を右クリックすると上の画像のようにタブが出てくる。この時の赤丸部分をクリックすると”画像のアドレス”をコピーできる。

”サイト”のアドレスは画面上部の検索窓に表示されているもの。この画像で言えば上部の赤丸の部分をコピーすればいい。

サイトのアドレスをコピーできたら、上の画像の下の赤丸『画像の出典元URLを入力』の欄に貼りつければOK。※これを入力しないと、画像を保存できません。必ず入力しましょう。

こんな感じの画像を作成できます。

画像右の文章は『画像の紹介コメント』の部分に入力すればOK。

2.NAVERまとめの機能を使って追加する。

これはNAVERまとめの編集画面上で画像を検索できる大変便利な方法。

画像の赤丸部分、『探して追加』をクリックすると下の画面が出てくる。

この画面で検索に使う提供元を選んで検索します。ほとんどの場合は一番左の『getty images』か左から2番目の『amana images』を選んでおけば、大体の画像が揃います。getty images凄い。

ただ、食べ物の画像を使いたい時は赤丸で囲んである『食べログ』など、世界遺産などの観光地の画像なら黄丸の『Trip advizor』、販売されている商品の画像なら青丸の『amazon』など使い分けるとよりい画像を探しやすい。

ただ、この機能では提供元にある画像しか使うことはできません。

画像の右下にある+ボタンを押すだけで画像がまとめに追加されます。大量の画像を一気にまとめたい時はこちらの機能を使った方が便利です。

動画

動画はYouTubeなどの動画が投稿してあるページのURLを貼り付けて保存をクリックすればOK。また、画像と同じでNAVERまとめ内で検索して追加することもできます。

ただ、一つ注意点があります。動画は著作権が非常に厳しくなっているので、使用しない方が無難です。

まとめた動画が消されていてリンク切れになっていることも多く、こまめなチェックが必要になってしまいます。

リンク切れを常にチェックできればいいんですが、作成したまとめが増えてくると非常にめんどくさい。リンクが切れたコンテンツをそのまま放置しているようなまとめは訪問者がすぐに離れていって報酬が減ってしまう可能性もあります。

あなたもサイトを見ていて、動画が見れなくなっているのを見たことはありませんか?それを見つけるとめっちゃ萎えますよね。

ちなみに私はほとんど動画を使用していません。リンク切れよりも著作権に違反する方が怖いし。著作権法違反で捕まったりして人生棒に振りたくない!という人はなるべく避けるようにしましょう。

引用

これがNAVERまとめで一番重要な機能。文の引用は著作権法でもある程度許されているので、使用しやすい。

※NET上の著作権について詳しく知りたい方はこちら→『NAVERまとめ登録、ネット上の著作権について調べてみた

その道の専門家の文章を引用することで、自分が作るまとめの信頼性が上がることも狙える。どこの誰が書いたか文章よりも、資格等をはっきりと明記している人の文章の方が読みたくなります。

さらに、文章の引用をすることでまとめの作成スピードが格段に上がります。サイトを作る上で一番大変なのは何と言っても文章を作ること。これが上手くないと記事を全部読んでもらえません。

ここを他のサイトから引っ張ってくるわけですから、むちゃくちゃ楽です。悪い言い方をすれば他人任せですが、法律が許してるんだからしょうがない。

ということで使い方です。

上の画像の赤枠に引用する文章をコピー&ペースト。または本などからの引用の場合は手で打ち込みます。

次にWebサイトからの引用の場合は出典元のURLを真ん中の矢印の部分に貼り付け。本などからの引用は下の矢印の部分に本のタイトル、著者、ページ番号を書き込む。

紹介コメントは自分の好きな文章を書く。

そして、保存で完成。

Twitter

Twitterは今や使っていない若者はいないというくらい流行っているSNSです。ここには毎日、毎分、毎秒様々なコメント(Tweet)が書き込まれています。これがまたまとめに使いやすいんですよ。

Twitterに登録している全ての人が発信源となって様々な最新情報を書き込んでいます。なので色々なニュースをリアルタイムで知ることができ、情報収集に最適です。

さらに、一つのニュースに対して多くの人が意見を書くので、様々な考え方をまとめに反映することができます。

感想が思いつかないときに使うと便利ですよ!

使い方はこんな感じです。

  1. 検索したい語句を入力して検索。
  2. 左下の赤枠のにTweetが出てくるので使いたいものをドラッグして右側にドロップ。
  3. 使いたいものを全部右側に持って来たら下の一括で追加するをクリック。

これでTwtterの書き込みをまとめに載せることができます。

Twitter上の書き込みは全てTwitterを運営している会社に著作権が移行します。なので、提携しているNAVERまとめに使用しても著作権法違反には問われることはありません。ガンガン使いましょう!

 

まとめ

以上がよく使う機能です。

他にも細かい機能はありますが、そちらは使いながら覚えていきましょう!

次はNAVERまとめをかっこよく作る方法を別の記事で紹介したいと思います。ぜひ読んでみてください!

かっぱ