棚障害だけの手術かと思っていたら半月板も部分切除されてたらしい

2019年12月24日

これって大丈夫なんか?

悪いところは治してくださいとは言ったけど、あくまでスポーツ復帰できるのが前提だったんだが。

半月板部分切除してバスケに復帰できるのか甚だ不安でしかない。

別の病院でセカンドオピニオン聞きに行くかな、、、

めちゃくちゃ不安。

スポーツがない人生になったらどうしよう。

生きがいが無くなってしまう、、、

 

って夜に考えてたら朝になってしまった。

スポーツ復帰する為には半月板の保存療法が基本と書いてあったのを見つけてしまったのが運のつきかな。

 

あー不安だ。

 

セカンドオピニオン聞きに行く。

そう心に決めました。

 

とりあえず、今度1ヶ月検診でどれくらいどういう理由で切除したのかきいてみよう。

 

 

2019/12/5追記

一ヶ月検診で半月板をどれくらい切除したのか聞いてきました。

主治医「切ったって言うより、ガサガサになってた表面を滑らかにしたってのが正しいかな。」

だそうです!

ただ、カルテにはそれでも部分切除と記載しなければならないようで、理学療法士の方が切り取っていると勘違いしていたようです。

 

半月板が温存されていることもわかったので、スポーツに復帰することができそうです。

リハビリがんばるぞ!

 

けど、これがはっきりとわかるまではモヤモヤした時間を過ごしました。

 

二度とバスケができないんじゃないか。

何で勝手に切り取るんだ。

 

なんてずっと考えていました。

 

しっかりと医師に聞くことが大事だなと感じた今日この頃でした。

 

短いけどこんな感じ!

カッパ