就職活動を失敗して気付いたことTOP3

もう何度か記事を書いたので知ってる人も多いかと思うんですが、

 

カッパは仕事選びを失敗しました。

 

そのせいで暇で暇で苦痛な毎日を送ってます。

 

就活中の後輩たちには同じ失敗をしてほしくないので、僕が後悔していることを書いていきます。

 

今の仕事内容

24歳で大学を卒業してから5年同じ会社で働いているんですが、仕事が暇でやりがいもありません。

「よっしゃぁあ!今日もバリバリ仕事するぜ!」

となったことは一度もありません。

 

朝と夕方に合計1時間ほど仕事があるだけで、他にすることはありません。

あとは会社にいるだけ。

 

俺って必要なのか・・・?

 

という自問自答をずっと繰り返す日々です。

 

ただ、残業無しなこと、賃金、福利厚生には何の文句も無い。

単純に暇過ぎてきついだけ。

そのせいで、仕事を辞める踏ん切りがつかないんですよね。

 

今は気持ちを切り替えて、ネットビジネスやら、資格の勉強の時間にしてます。

けど、男なら一度はバリバリ仕事をしてみたいよね。

 

一生経験することは無いんだろうな。

 

就活中のカッパ

就活の時の僕は完全にだらけきってました。

研究をサボる口実ができたと喜んでる部分もありました。

「すいません。

就活があるんで!」

 

魔法の言葉です。

 

飲み会、麻雀、パチンコ。

これらにはすべて参加してました。

皆勤賞です。

 

 

自分のことを他の人より優秀だと勘違いしている節もありました。

 

「学歴もそこそこいいし、履歴書も通りまくる。」

「俺はコミュ力あるし、面接なんて簡単に受かる。」

「あの会社は別に行きたくないから、面接はサボろう。」

 

こんなスタンスじゃあ受かるものも受かりません。

 

資格を持ってれば誰でもはいれる今の会社にしか受かりませんでした。

 

もっと楽しそうな会社の2次面接にたどりついていたんですが、そこの面接にはいきませんでした。

 

ここでいいや。

就職活動するよりも遊びたい。

 

こんな適当な感じで入社しました。

 

舐めてますね。

 

こりゃ失敗するわ。

 

その結果がこれ

その結果今の状況なんで、身から出たサビというか、自業自得というか。

 

人生で一番の頑張りどころで頑張れなかったんです。

 

周りはみんな必死に就活してたなぁ。

 

俺だけ楽な方に逃げてしまった。

 

そのせいで、社会人になってから苦労してる。

 

こんなに苦労するとは。

 

こんなにきついとは。

 

この失敗から得たもの

こんな失敗をしたからこそ気付いたこともあります。

  • 暇というのは辛い
  • 会社に属さなくてもお金は稼げる
  • 人生には頑張りどころがある

 

暇というのは辛い

暇は辛いです。

僕の昔の日記を読んでもらえれば分かると思います。

読んでみてね。

むちゃくちゃ辛いよ。

 

会社に属さなくてもお金を稼げる

会社が嫌で始めた副業のおかげで気づけました。

会社から給料をもらわなくてもお金は手に入るんです。

 

嫌なことを一生続けなくてもいいんです。

 

けど、やっぱり会社に勤めている人っていうのは信頼されます。

ローンが組めます。

それだけは忘れないように。

 

人生には頑張りどころがある

人生には手を抜いてはいけない場面がいくつかあると思うんです。

僕のショボイ人生の中では、大学受験、就職活動がツートップです。

 

実際、普通の人生を歩んでれば、失敗しちゃいけないくらい大事なことってそんなに無いんですよね。

外科医とかスタントマンくらいなんじゃないでしょうか。

毎日のように大事なことが起こるのって。

 

その頑張りどころを見極めて、死ぬ気で頑張れれば後は何とかなります。

 

就職活動の場合はいい会社に入ることですね。

もちろん、年収ランキングの上位に乗っている企業に入ることだけが成功というわけではありません。

自分の性格にあった仕事を必死に探してください。

 

まとめ

就職活動を失敗してから気付いたことをまとめてみました。

けど、何より大切なのは、

失敗から何かを学ぶこと。

 

就職活動失敗したぁ~

 

ってずっと言ってても何も変わらないからね!

かっぱ

 

日記

Posted by カッパ