簡単にばれる嘘を言う奴って何を考えてるのか【友人Nがおかしいpart3 ~カッパの結婚式編~】

ちょっと前の日記『片方だけの話を鵜呑みにしない方がいいと実感した話【友人Nがおかしいpart2~離婚編~】』に登場した友人Nの話です。

昔まともだった頃の彼は戻ってきてくれるのか?

彼はどこまで行ってしまうのか?

 

Nの離婚から数年後

3万円を渡したまま、顔を合わせても返してくれない状態で数年が経ちました。

僕も大人ですから、3万円はあげたものとして消化しました。

それでも、心に引っかかるものはあるけど・・・

 

そんな頃のお話です。

 

カッパ夫婦の結婚式

カッパ夫婦の結婚式は出席してくれるようでした。

招待状の返信も期限を過ぎたけど、しっかりと返信してくれました。

 

まあ、むこうはお金のことなんて自分の中で消化済みなんで、何も気にせずに出席するでしょうね。

 

で、式の2週間前のことです。

 

友達と飲んでた時に友人Nから電話がかかってきました。

「いきなりゴメン。今大丈夫?」

「おけ」

「結婚式これなくなった。」

「・・・なんで?」

「仕事が入った。」

「そっか。じゃあしかたないな!」

「今度会った時にお祝い渡すわ!」

「おうよ!ありがと!」

 

いやあ、2週間前のキャンセルは面倒ですよ。

料理とか引き出物とか席とか、もう準備が始まってるんですよね。

 

もし、これから友達の結婚式が増えるっていう人は、絶対にしないであげてね!

せめて、招待状の時点で匂わせとこうね!

招待する側は準備が地獄のように大変なんで、返信とか早い方が助かるし、ぎりぎりになってキャンセルするとか言語道断 横断歩道。

 

けど、3連休に友達の結婚式をキャンセルしてまで行かないといけない仕事って何なんだろ。代わりの人はいないのかな?

そんな大事な仕事が2週間前にいきなり入るもんなんかな?

 

ここは暇な仕事しかしたことがないカッパでは想像もつきません。

 

仕事って言われたら仕方ないってなるのが、日本の社会人のスタンダード。

 

結婚式後、初めての集まり

結婚式も無事終わって、しばらくたった頃に仲がいいメンバーで集まりました。

みんな、奥さんや彼女を連れてきて、楽しい時間を過ごせました。

バーベキューしたり、ゲームしたりと楽しく過ごすことができました。

 

その時にNくんも来ていました。

 

自分から

「僕の結婚式に来れないほどの用事は大丈夫だった?」

とか聞けないし、Nくんから何か言ってくるまで待っていました。

 

最後まで待っていましたが、何も無し。

結婚式が終わってから初めて会うはずなのに、おめでとうとも言ってくれません。

 

おめでとうって言うタイミングが無かったんだろうな、といい方に解釈してあげたい気持ちもありますが、一緒に1泊してるからね。

絶対に言うタイミングはあったよね。

 

けど、男同士でおめでとうって言うの恥ずかしいのも分かる。

仲がいいほど言いづらい。

 

そういうことにしとこ。

 

この集まりから数ヵ月後

共通の友人からある話を聞きました。

友「カッパ!Nからのご祝儀断ったんか?」

カ「へ?ご祝儀どころか、おめでとうすら言われてないけどな?」

友「Nが断られたから渡さなかったとか言ってるぞ。っていうか、俺も貰ってないしいいよねとかも言ってた。」

カ「友は渡した?」

友「いや?結婚式するって言ってたし、その時でいいかなと思ってたら離婚した。」

カ「ですよね。俺も。」

・・・

まとめ

もう何かね。

N嘘をつくのはやめた方がいいぞ。

 

3回にわたってNの話をしましたが、何を言いたいかというと、

  • 元に戻ってほしい。
  • お前に借金があっても付き合い方は変わらんから、見栄を張るな。
  • お金にルーズすぎるとこを直せ。

結局これです。

またNと仲良くやっていきたいんです。

仲がいい友達が減るのは辛いものがあるぜよ・・・

そんな感じ!

カッパ

関連してるかもしれない記事

雑記

Posted by カッパ