暇な人もかかる学習性無力感って知ってる?

おいおい。

まさしく僕の状態じゃないのか!?

という心理状態があったんでちょっと引用してみます。

努力を重ねても望む結果が得られない経験・状況が続いた結果、何をしても無意味だと思うようになり、不快な状態を脱する努力を行わなくなること。米国の心理学者マーティン=セリグマンが1967年に発表した心理学理論。(引用元:学習性無力感|コトバンク

こんな暇過ぎるサイトを見に来たあなたも思い当たることがあるんじゃないでしょうか?

学習性無力感とは

上に書いてある通り、何かしても無駄だよ。

っていうことを学習した状態のこと。

この状態が続くと何のやる気も出ない”うつ”になってしまう可能性もあります。

 

例えば、

学校でのいじめが続いて何もやり返さずにいるような人

ブラック企業で低賃金で重労働をさせられているのに辞めない人

 

なんかは学習性無力感ど真ん中です。

 

こういう人って周りからみると

「いじめっこは弱そうだし、やり返したらいいのに。」

「会社辞めたらいいのに。」

って感じるんですよね。

 

けど、本人にとってはそうではないんです。

 

この人たちだって全く何もしなかったわけではありません。

何度も現状を変えようと努力してるんですよ。

けど変わらなかった。

 

この繰り返しのせいで何をしても無駄だということがすりこまれてしまって、抜け出す努力を放棄してしまったんですね。

ブラック企業なら辞めるだけの話なのに。

辞めることさえも無駄なことと感じてしまう。

これが学習性無力感です。

 

何も、いじめにあっている人やブラック企業にずっと勤めている人が弱いというわけではないんです。

実はイヌやサル、マウスなどにも同じ現象が起こることが確認されてます。

 

誰にでも起こる可能性がある現象なんです。

 

忙しい人がなるもの?

学習性無力感を詳しく解説しているサイトを見て回ったんですが、ほとんどがブラック企業やいじめばかりが例に上がってました。

僕も感じたんですよね、この感覚。

嘘じゃないんですよ。

 

ただ、僕は全く持って重労働でもないし、どちらかというとホワイトな環境で働いてます。

というよりアタックもびっくりの白さです。

5時ピタで帰っても何も言われないし、ノルマも無い。

何もしない日だってあります。

 

もちろん最初の方は他の人の仕事も覚えたり、手伝ったりしてました。

それでも評価は変わらず。

 

会社から

「努力は無駄ですよ。」

と言われたような気がしました。

 

それからは何もやる気が起きず、他の人のこともあまり手伝わなくなりました。

 

皮肉なことにこれでも評価は変わらないんですよね。

下がりでもしてくれれば、努力しようという気にもなるんですが。

けど本当に最低の評価をもらうのもいやだな・・・

 

こういうこともあり、全てに対するやる気が無くなって行きました。

 

暇が辛くても仕事を辞めない人

忙しい部署に移動すればいいじゃん。

転職すればいいじゃん。

という声が聞こえてきます。(幻聴)

 

そんなことはとっくに上司に相談したんだよ!!!

けど変わらないから何のやる気も起きなくなったんだよ!!!

 

で、この学習性無力感からうつ病になるには、1度の大きなストレスよりも、繰り返す小さなストレスの方が引き金になりやすいという研究結果があります。

 

暇っていうのは意外とストレスになるんですよ。

そりゃ家にいる時に暇なら大手を振ってダラダラしますよ。

 

けど、一応仕事中ですからね。

そんなわけにはいかず、仕事をしているふりをしないといけないんです。

 

要するに仕事中常にストレスにさらされている状態なんですよ。

そりゃあ学習性無力感になりますって。

 

あなたも同じような状態になってないですか?

僕も同じ状態なんで気持ちがすごくよく分かります。

きついです。

とてもきついです。

 

だけど、きついきつい言ってるだけじゃあ何も変わらないのも事実。

 

僕はまだ仕事を続けていますが、無力感のせいではありません。

今は気持ちを切り替えて会社を利用しています。

 

どんな感じで会社を利用しているのかは、日記とかにいろいろ書いてるんで参考にしてみてください。

 

暇な人でも学習性無力感におちいることがある!!!

日記

Posted by カッパ