メルカリを使って初めて商品を売ってみた話

メルカリ♪

何度もCMを見たせいでこの文字を見るだけであの音程で再生されてしまいます。

けど、何を隠そうまだメルカリを使ったことがないんですよね。

カッパは新しいものに飛びつくのが下手な性格なんです。

一歩を踏み出せない臆病もの。

そのカッパが今回メルカリを使ってみたのでそのお話をしたいと思います。

プチ断捨離

最近部屋が散らかってるなということで、少し大がかりな片づけをやりました。

片付けと言ってもあっちのものをこっちへ、こっちのものをあっちへ移動しただけなんですけどね。

無茶苦茶気合が入っている日以外の片づけってこんなもんですよね?

 

気合入ってる時はすごいですよ。

洗濯機を移動させてその裏にある靴下とかまで拾います。

 

で、今回は移動させるついでにずっと使っていないものを心を鬼にして捨てることにしました。

ずっと使ってないけどまだ使えるからとってあるモノって意外と多い。

心は鬼になったけど、使えるのに捨てるのはなんかもったいない。

鬼は鬼でも優しい鬼のようです。

売ってみるか。

メルカリを使ってみるか

売るにしても、ブックオフとか古着屋とかは絶対ダメ。

こどもの小遣い以下の金額で安く買いたたかれます。

いらないゲームをブックオフに売った時は、10本売って400円とかでした。

2度と売るか。

 

ヤフオクとかのオークションサイトは、IDとかいろいろめんどくさいし、落札されるまでに時間がかかりそう。

今回ものを売る目的はお金が欲しいというより、ゴミを処理したいから。

だから、ゴミはなるべく早くなくしたい。

 

ということは、メルカリがいいんじゃないだろうか?

スマホで簡単に売買できるらしいし。

 

てことでメルカリのアプリをダウンロードしてみました。

ダウンロード方法が分からない人はググってみてね。

ダウンロードしたらまずすること

メルカリのアプリをダウンロードできたら、まずしないといけないことがあります。

  • メール・パスワードの設定
  • 住所の設定
  • (支払方法の設定)

メールはGmailとかのフリーのアドレスでも大丈夫でした。

支払方法の設定は、購入する予定がない人はしなくてもいいです!

 

で、実際に売ってみたんですが、その時の感想はこれです。

 

「え?簡単すぎやしないか?」

 

カッパがこう思った理由を書いていきます。

カッパがメルカリでゴミ商品を売るまで

ゴミと言うと語弊がありますが、あながち間違っていないかな。

カッパにとっては必要ないものなんだもん。

で、販売するまでの手順は以下の通り。(文字にすると意外とめんどくさそうに見えるな。)

  1. ゴミ商品の写真を数枚撮影、アップロードする
  2. 商品名・説明を書く(カテゴリーと商品の状態を選択)
  3. 発送方法を決める
  4. 値段を決める

たったこれだけ。

色々考えないといけないのが、発送方法だけです。これは少し調べないと難しいですね。

1、ゴミ商品の写真を数枚撮影、アップロードする

当たり前のことだけど、写真はなるべくきれいに映るようにした方がいいよ!

きれいに拭いて、光を当てて。汚れが目立ちそうだったらあえて暗くしてもいいかも。

2、商品名・説明を書く(カテゴリーと商品の状態を選択)

これは簡単。

自分が好きなように書いてOK。

僕はお得感が出るように買った時の値段とか書きました。

3、発送方法を決める

僕が使ったのは、らくらくメルカリ便です。

こいつはめちゃくちゃ便利!

ほとんど何もすることがないし、匿名で送れます!

ちなみに、配送方法を決めるところで、配送方法の決め方とかいうボタンがあるんでそれを推していくとオススメの配送方法を教えてくれます。

4、値段を決める

これは本当にご自由にどうぞ。って感じです。

ただ、同じものが出品してある場合は値段は参考にした方がいいです。高くし過ぎると確実に売れません。

欲を出し過ぎるな。

が僕からのアドバイスです。

だってゴミ売ってんだもん。

ただ、最初は高めに値段をつけて、値下げするとあら不思議。

何か安くなったように見えて買い手がつきやすくなります。みんな単純だな。

まとめ

ということで、メルカリに売ってみての感想ですけど、捨てるくらいなら少しでもお金になるメルカリを使った方がいいなあと思いました。←小学生並みの感想

カッパ

雑記

Posted by カッパ