ルパン三世って不細工なのになんでカッコいいのか女性にも分かるように説明してみた

2020年8月28日

ルパン三世と言えば、国民的人気を誇るアニメキャラクターです。

ルパン三世、次元大輔、五右衛門の3人が活躍する泥棒のお話です。主要キャラクター以外にも、敵役の銭形警部や絶世の美女峰不二子がなど魅力的なキャラクターが出てくるお話です。

とか解説しなくても知ってますよね?

 

何を隠そう僕はルパン三世の大ファンなんです!

 

ルパン三世といえば

ルパン三世と言えば、女の子が大好きで、顔もカッコよくないし、声もイケボにはほど遠いし、煙草も吸うし、さらにシケモクも吸うし、世界を旅して風呂も入ってなさそうだし、指に毛が生えてるし、犯罪者だし。

 

こうやって文字に起こすとほんとにダメ人間の鏡のようなキャラクターです。

 

けど、男が惚れてしまうカッコいいポイントが2つだけあるんです。

それは、、、

 

1.大事なところではビシッときめる。

2.女たらし。

 

これなんですよね。

ルパン三世がカッコいいとされる理由は。

 

悪いところを上げればそれこそ無限に出てくるんですが、カッコいいところはこれだけ。

ほとんど悪口みたいになっちゃったけどこの2つのポイントだけで、他の短所は全て帳消しになってお釣りがたんまり来るくらいになっちゃうんですね!

なんで男はたったこれだけのことでルパンに惚れてしまうのでしょうか。

 

世界で一番ルパンを愛する男を自称するわたくしカッパが解説してみましょう。

 

1.大事なところではビシッときめる。

まずは1つ目の「大事なところではビシッときめる」から解説しましょう。

女性からするとこれカッコいいポイントに必要?と思われてしまうかもしれません。

ですが、男からしたらこれめっちゃかっこいいんですよ。

 

なぜかというと、「大事なところではビシッときめる難しさを身をもって知ってるから」に他ならないんですよね。

 

ある男はスポーツ大会の決勝戦で逆転ホームランを打てなかったり、またある男はヤンキーから売られたケンカを勢いで買ってボコボコにされたり、さらにある男は告白するときに噛んじゃったり、さらにまたある男は気になるあの子の前でかっこつけて歩いてたら転んじゃったり。

男には思い出すだけで恥ずかしくなるような経験がたくさんあります。

もちろん、私にもあります。

ここでは言えないような恥ずかしいことです。

世界が崩壊する1日前ということが分かったら公開するつもりです。

 

この苦い経験があるからこそ、ルパンがサラッとキメるのがたまらなくカッコよく見えるんです。

カリオストロの城の時計塔のシーンなんて鳥肌ものですよ。

見たことないよって人は、騙されたと思って見ろ。(命令形)

 

2.女たらし

ルパンと言えば女たらし、女たらしと言えばルパン。

女たらしっていうと、世間一般的には悪いイメージがついてます。

しかし、これは人間社会という理性によって守られた世界だけでの話。

野生の世界ではオスはたくさんの女からとセックスすることに命をかけているんです。メスをめぐっての争いで命を落とすことだってあります。

 

オスはたくさんのメスからもてたいんです。

 

人間にも野生で生きてきた頃の本能が残っています。

この本能によってルパンの女たらしな一面をカッコいいと認識してしまうんですね!

 

さらに言えば、女をたらしてこその女たらしなんです。

 

女から興味を持ってもらえない男は、女をたらすことはできません。

ただの女好きです。

ここ間違えないでくださいね。

 

要するに、ルパン三世はモテるんです。

 

気さくにギャグも織り交ぜつつ楽しく話せて、ちょっとした手品もできて、女性を必ず守りぬく。

まあモテないわけがありません。

 

顔じゃなく男らしさや器の大きさで女に惚れられるルパン三世。

ここが世の男性のハートを鷲掴みにしています。

 

男性票と女性票

これで、男性から熱い支持を得ている理由は分かったと思います。

こんな感じで、男は自分ではできないことをサラッとこなしているルパンに憧れてしまってるんですね。

そのため、ルパン三世はカッコいいか?というアンケートを取ると男性からの支持が圧倒的に多いんです。

 

ちなみに女性票は?

嫁にルパンがカッコいいか聞いてみたところ、「別に。」と全盛期のエリカ様のような返答を頂きました。

女性はルパンがカッコいいというよりも、映画自体が面白いという人の方が多いような気がします。

 

女性がアニメのキャラクターとか映画の俳優に求めているのは見た目。

この点だけで見ればルパンは不利です。

顔がカッコいいアニメキャラはごまんといますからね。

 

ただ、よ~~~~~~~~~~く考えてください。

 

ルパン三世が現実にいたとしたら

ルパン三世がアニメの世界の大泥棒だから、現実世界に生きる女性にはその良さが伝わりにくいのでしょう。

ではもし現実世界にいたとしたらどんな人物なのでしょうか。

 

僕のルパンデータバンクから情報を抜き出してみていきましょう。

 

高学歴

彼はアニメの設定で、「東西京北大学」という大学に通っていました。この大学は東京大学をモデルにしているそうです。日本最難関の大学なんです。

しかも、志望理由は東大出の大泥棒って肩書きがカッコいいからだそうです。

こんな不純な動機でサラッと東大に合格するあたり、かなり頭がいいことが分かります。

 

商談〇 恋愛〇

ルパンの映画を見てみると、女性と気さくに話しています。しかも、多少下ネタを織り交ぜることもあります。それでも女性は嫌な顔をしていません。

要するに心理的な信頼関係(ラポール)を構築しているということです。

これは、恋愛を攻略する上で非常に重要な要素の1つです。

もちろん恋愛だけではなく、仕事上の付き合いでも重要になります。

 

たった数時間の映画の中で、たくさんの女性とラポールを構築するコミュ力。

恐ろしいほどです。

 

現実にいれば、数多くの女性を口説き落とし、重要な商談をまとめまくっていることでしょう。

さらに、高学歴であることも含めれば、確実に大企業の出世コースに乗っているはずです。

 

陰で努力をしている

映画版ルパンを見てみると、ルパンが色々な準備をするシーンはあまり描写されません。多少道具を作るシーンは出てきますが、たったあれだけの準備であそこまで大がかりな窃盗を成し遂げられるとは考えにくいです。

僕たちが見ていない場面では、真剣な顔をして準備に取り組んでいることでしょう。

現実世界に当てはめてみるとカッコよさが分かります。

 

後輩社員(社運がかかったプロジェクトを任されているのに、ルパン先輩は定時で帰ってる。会議の時も場を和ませる話ばっかりしてる。大丈夫なのかな・・・。)

~プロジェクト発表当日~

ルパン「○○の近年の動向を分析してーーー▼▼を行えば××億円の利益が見込めます。」

役員「あの件は考慮されてるのか?それと競合他社の動向は?」

ルパン「そちらの件についてはこちらの資料にまとめております。ご覧ください。」

役員「なるほど。やはりルパンくんに任せて正解だった。どうだ今夜一杯つき合わんか?」

ルパン「そんな、この間も御馳走して頂いたのに・・・けどそこまでおっしゃられるならお供いたします。」

役員「そこまでは言ってないんだけどな。ハハハハ」

ルパン「アハハハハ~」

 

後輩(いつの間にあんな資料を!?しかも役員さんとあんなに気さくに!凄い。カッコいい。濡れる・・・。)

 

確実にこうなります。

 

女性票増えたかな?

どうでしょうか?

ルパンのカッコよさは伝わりましたか!?

高学歴で、それを鼻にかけず、気さくに話せて、大企業の出世コースで、陰で努力をしていて、大事なところはビシッと決める。

こんな男が現実にいたらと考えると恐ろしいほどです。

 

この点を踏まえて、1度映画を全て見てみてください。

 

ルパンがカッコよく見えてくるはずです。

カッパ

 

雑記

Posted by カッパ