ルパン三世のシャツとネクタイを着てみたい

昔書いた記事

が思いのほかたくさんの人に読まれていてびっくりしてます。

あの記事でルパン三世のカッコよさについては、存分に伝わったと思います。

ただ、もう1つ言い忘れた大事なカッコよさがあったので、今回の記事で説明しましょう。

 

ルパン三世のファッション

ルパンがカッコいいのは大事なところでキメるだけといいましたが、実はもう1つあります。

 

ファッションです。

 

ん?

と思った人は正常です。

赤とか緑のあんな奇抜なジャケットが!?

と思ってることでしょう。

 

あんな変な色のジャケットを着こなす紳士は他にいないでしょうね。

僕が着るとただの変態紳士になっちゃうはずです。

 

色遣いに関しては僕も同感です。

ただ、おしゃれポイントは色使いじゃないんです。

あのジャケット、シャツ、ネクタイの品質が半端ではないんです。

 

彼が着ている服は全て最高級ブランドものなんです!!!

ルパンが映画の中で穴をあけたり焦がしたり

 

ルパン三世のブランドとは

ルパンが着ている服で設定が決まっているのはこの3つです。

  1. シャツ(シャルベ)
  2. スーツ(ヘンリープール)
  3. ネクタイ(カンタス・マーラ)

正直僕は聞いたこともないブランド名ばかりでした。

友達に「このシャツシャルベだよ。」と言われてもスルーする自信があるくらい聞いたことがありません。

なので、とりあえず調べてみました。

 

シャルベ 61600円~

世界初のシャツショップ、『Charvet』は1838年に設立されました。19世紀以来、それは王、王子そして国家元首にオーダーメイドのシャツと小間物を供給してきました。 それは、その製品の高品質、そのサービスのレベル、そしてその幅広いデザインと色について国際的な評判を得ています。 ネクタイの名声のおかげで、 charvetはネクタイに使用されるシルク生地の特定の種類の総称となっています。

王族御用達の世界初のシャツショップ。

どう考えても高級品です。

新宿伊勢丹でシャルベのオーダー会が開催された時の最低価格が61600円でした。

 

ヘンリープール 270000円~

ヘンリープールはイギリス・ロンドンのサヴィル・ロウ15番地に本店を構える紳士服テイラー。『サヴィル・ロウ最古のテイラー』として広く一般に知られ、同社は創業以来同族経営によってその伝統を伝えている。※サヴィル・ロウは名門高級紳士服専門店が集中している通り。

なるほど。ヘンリープールか…。

とはなりませんよね。

普通の人は。

なんですかそれは。

日本でもオーダーすることができるようですが、その最低価格が270000円

 

カンタス・マーラ 480000円

アメリカのホイットマン伯爵夫人が夫のために自分の絹のドレスを使って手づくりしたのが始まりという、カンタス・マーラ。最高級のねり絹をつかったこのネクタイは、“100万人の中の1人のためのデザイン”が創作のテーマ。『引用元:ルパン三世のネクタイ|L3雑録

カンタスマーラの最高級シルクを使ったネクタイ。

ヤフオクとかにもカンタスマーラのネクタイは出品されていますが、そんなものとはレベルが違う値段です。

ネクタイだけは設定上で値段が決まっていたようで、1本480000円するそうです…。

 

ルパンのファッションを調べてみて

調べてみると意外と高すぎるわけではないようです。

もっと目ん玉飛び出るような金額が飛び交うのかと思ったんですが、本当に良質なものを求めてここにたどり着いたという感じがしてさらにルパン三世の株が上がりました。

とはいっても一般庶民には手が出しづらい価格帯の物ばかりなのには間違いないです。

ブランドだけ一緒にするという夢は叶えられそうな値段ですね!

雑記

Posted by カッパ