タナ障害内視鏡手術【入院4日目】

2019年10月14日

入院4日目、膝の腫れはまだまだ続きそうです。

今日の朝、退院について看護師に聞くと、内視鏡手術なので、患者さんの希望日でOKとのこと。

そこで、次の日に退院することにしました。

 

飛び級リハビリ

理学療法士の方に退院することを伝えると、急遽階段の昇り降りの練習に変更。

まだしばらく入院という前提で計画を立ててたらしく、階段はもう少し後にやるはずだったようです。

退院後のリハビリについて聞きました。

  • 手術後1週間は腫れがひかないので、アイシングとストレッチをメイン。
  • タオルを膝の下に敷いて潰すトレーニングは低負荷なのでやっていい。
  • あと、自転車も太もも前面の筋肉を鍛えるのに最適。

毎週外来で通院になるので、その時に経過を見てトレーニング内容を変えるそうです。

とにかく、今は膝の可動域を広げることを意識してストレッチをすること。

体は炎症(今回の場合は手術の傷)が起こると筋肉が縮こまって硬くなるそうです。

あと、今日指摘されたのが、僕は膝をまっすぐに伸ばして立っているつもりだったんですが、膝が曲がっていたそうです。

「これが真っ直ぐだよ」と直されると、自分の感覚的には逆関節になったような感じがしました。

恐怖心から膝を伸ばすことを無意識に避けて、こういう錯覚が起こるんでしょうね。

今日のお膝様がこちら↓

少し腫れが治まってきました。写真ではわかりづらいですが、機能に比べるとかなり膝の曲げ伸ばしが楽になってきました。

 

1年後までは筋トレをしっかりやってスポーツ復帰を目指します。

あと、お風呂はシャワーのみ。湯船は1週間後までおあずけのようです。

こんな感じ!

カッパ