車をできるだけ高く売るために僕がやったこと

最近引っ越しをしたカッパです。

駐車場代が1台8000円もするところに引っ越したので、1台車を売ることにしました。

その時、できるだけ高く売るためにやったことを書いていきたいと思います。

 

一括見積サービス

一括見積サービスは、10社近くの買い取り業者に一斉に見積もりを依頼できます。

『中古車 見積り』でGoogle検索をすると、広告で一括見積のページがたくさんヒットします。

引っ越しの一括見積もりもそうですが、気を付けてやらないと鬼電が来ます。

査定を依頼して数分後に数社から電話がかかってきます

Left Caption
常に見張ってるのかな

10社全部とやり取りするのも面倒だし、3社も回れば大体の相場も分かるので今回は使ってません。

Left Caption
めんどくさくてもいいから、
できるだけ高い金額で売りたい!

という人は一括見積サービスは使った方が絶対に使いましょう。

僕は3社に査定してもらいましたが、査定してくれる会社が多い方が買い取り価格が上がることは確実です。

 

まずは僕が実際にやったことを書いていきます。

そんなことより、何に注意すればいいのか知りたい!

って人は

 

1社目:G社

まず最初はG社。

ここは最初に査定してもらったので、買取相場も全く分かりません。

探りを入れていきます。

10分で車の状態を実際に見てもらって、本社にデータを送って10分ほどで査定額が決定します。

 

その際に言われたのが、

Left Caption
19000円です

僕の車のグレード、年式、走行距離が近い車の中古販売価格が40万円くらいだったので、軽くジャブを打ってみます。

  • 他のところにも査定に行く
  • あまりにも安かったら廃車にする
  • ブログのネタにできる

この3つを伝えると、カウンター裏に行って何やら相談する担当者。

そして、口頭だけでは言った言わないの水掛け論になりそうなので、名刺の裏に買取価格を記載してもらいます。

1週間後までに決断して頂けたら7万円で買い取り本日中にご返答頂けたら15万円で買い取り。

Left Caption
さっきの19000円はどうした?

いやね、さっき19000円って言ったこと忘れてんのかな?

なに平然な顔してぼったくろうとしてんの。

 

多分僕が19000円で首を縦に振ってたら、そのまま契約してたんだろ?

 

 

さらに、時間を区切って2倍以上の差が出るのは何でなのかな?

この手法を使ってくる営業には売りたくない。

Left Caption
時間を区切ったら
焦って連絡してくるだろう。

となめられてる感をとても感じる。

ここの担当者はうまく利用してやることに決定。

ということで、返事はせず。

 

他の会社も回ってみよう。

2社目:B社

次はB社に向かいます。

ここでは、1社査定してもらったことを伝えます。

Left Caption
他で査定されてます?
Left Caption
G社で査定しました。
18万円って言われました。
Left Caption
分かりました。
こちらでも査定してみますね。

10分後・・・

Left Caption
ほんとに18万って言われました?
オークション相場が3~8万円なんですけど…
Left Caption
ちょうど買い手がいるらしいです。
(やべ、ちょっと高く言い過ぎたか?)
Left Caption
うちでは無理です。
すぐに15万円で売った方がいいですよ。
Left Caption
分かりました。
他に査定してくれるところありますか?
(ちっ…)
Left Caption
近くにP社がありますよ!

ここで粘っても仕方がないのでP社へ向かいます。

 

3社目:P社

最後はP社へ。

最初から全力でこちらの手札を晒します。

Left Caption
ガリバーで15万円で
買い取りと言われています。(半分嘘)
Left Caption
かなり頑張ってますね。
うちは10万円が限界です。
ただ、保証料の話とかされました?
Left Caption

説明してもらったことを簡単に書くとこんな感じらしいです。

保証料って?買取してもらった後に不具合が見つかると、買い取り金額を返金しなければいけない。

保証料を収めておくと、買い取り後の不具合は買い取った側の責任になる

Left Caption
G社なら多分2万円くらいですかね。
ちなみに、うちは保証料ないです。

ということは、G社に売って手元に残るのは13万円か。

Left Caption
13万円以上で買い取りできます?
Left Caption
上と相談してきますね!

この隙にG社の担当に電話します。

要約先週までに返事で15万円で買い取りだったが、今日も15万出せるか?

→出せる。ただ今から契約しに来てくれ。

保証料はいくら?

→5900円

この電話をP社の担当が聞いていました。

Left Caption
なるほど。
負けたくないんで、
14万5000円でまた交渉してきます。

ただ、代わりに条件を出してきました。

  • すぐに契約すること
  • P社と契約するまでG社に連絡しないこと

廃車にしようとしてた車が14万5000円になるんならいいでしょう。

5分後…

Left Caption
15万円でどうでしょうか。
Left Caption
OK!(即決)

こちらとしても15万円を逃したくないので、速攻で契約書を書いて契約成立!

 

 

車を高く買い取ってもらうための方法

今回僕は自分の足で3社回りました。

その中で色んな情報を仕入れることができたので、共有したいと思います。

  1. 絶対に数社を回れ
  2. サイコパスになれ
  3. 電話を使って揺さぶれ
  4. 発信力があるように見せろ
  5. 中古車販売業者が参加するオークションが存在する
  6. 保証料という制度
  7. 最初19000円の車が最終的に15万にまで値上がりすることもある(実体験)
  8. G社はオークションには出さず、自社で再販する

1.絶対に数社を回れ

これは何にでも言えることですが、絶対に競合を比較しましょう

Left Caption
えっめんどくさい…

その気持ちは分かります。

 

ですが、1社あたり1時間もかからないんです。

僕の場合は1社だけで適当に決めてたら約15000円だったのが、3社回ることによって15万円まで上がりました。

3時間で135000円稼いだのと同じです

Left Caption
時給45,000円の男
それが僕

 

2.サイコパスになれ

Left Caption
は?何言ってんだ?

「サイコパスになれ」というのは、「担当者のことを考えるな」ということです。

Left Caption
ここで他社に連絡したら、
申し訳ないな…
Left Caption
ここまでしてくれたのに断るのもな…

こんなことは考えなくてもいいんです。

担当者もできるだけ安く買おうとしてきます

あなたは数多くいる客の中の1人でしかありません。

もちろん、情に訴えるために「あなたは特別な客です」と言ってきます。

これも安く買って利益を得るためです。

 

こちらは車の買い取りに関しては素人です。

プロ相手に交渉をするわけですから、圧倒的にこっちが不利です。

なのに気まで使っていたら、相手のいいように安く買われるだけです。

相手の都合は考えず、ガンガン交渉していきましょう!

 

3.電話を使って揺さぶれ

僕が3社目で使った手法です。

金額がまとまりそうになったら、他社の担当に電話を掛けます。

この手法を使えば提示されている金額から、さらに2段階高くすることができます

13万円 ⇒ 14万4千円 ⇒ 15万円

一本の電話でP社、G社両方の査定金額を吊り上げることができました。

4.自分に発信力があるように見せろ

今の時代その辺を歩いている人でも、『SNSやブログで数万人に情報発信できる立場の人』という可能性があります。

どんな会社もそういう人の存在を意識せざるを得ません。

ネット上に噂を流されたら、とんでもない影響が出ますからね。

 

僕は実際に月に数万人に見られるブログを運営しています。

これを利用しました。

Left Caption
どの会社がいくらで査定するのか、
ブログのネタになる
Left Caption
ブログ書いて読まれるものなんですか?
Left Caption
大体月に10万人くらい読みに来ますよ(盛り)

このセリフを聞いた担当者たちは、顔色がかなり変わります。

少し緊張した感じになるというか。

Left Caption
え・・・?

こんなリアクションをしてくれます。

 

もちろんまるっきり嘘を言うのもよくないので、多少盛るくらいにしておきましょう。

あなたもTwitterやインスタとかやってますよね?

そのフォロワーを少し盛って話してみましょう!

 

5.中古車販売業者のオークションがある

中古車販売業者が参加するオークションがあって、基本的に中古車はそこでオークションにかけられます。

そのオークションでの相場を見て、車の買い取り額を決めているそうです。

また、一般人が参加することもできるらしいので、なるべく高く売りたい人はオークションに出させてくれる業者を探しましょう!

ただ、デメリットもあるのでそこは理解しておきましょう。

デメリット・売れるまでお金が入ってこない

・いつ売れるか分からない

そのため、すぐにお金が必要な人、引っ越しなどで手放さないといけない日が決まっている人にはあまり向かない方法です。

 

6.保証料という制度

保証料はさっき簡単に説明しましたが、買取価格を変えないことを保証してもらう料金です。

正直、これをメリットととらえるか、デメリットととらえるかは売り手次第です。

僕の場合はバッテリーの調子があまりよくない状態なので、売った後に「エンジンがかからない」とか言われるのが怖いんですよね。

Left Caption
保証料を収めて責任をなすりつけたい

逆に、何の不具合もない車を売る人は、保証料なしのところに売った方がお得ですよ!

担当者に聞いてみましょう!

 

7.交渉をすれば7倍に値上がりすることもある(実体験)

これは僕のエピソードを見てもらえれば分かることですね。

中古車買い取り業者を数社回ることで、

7倍に値上がりする可能性を秘めています

 

8.G社は自社で販売するので高く買ってくれる可能性が高い

これはG社の人から聞いたわけではありません。

P社の方に聞いた話なんですが、G社は買い取った車自社で販売しているそうです

そのため、高く買い取ったとしても、売値を高くして利益を調整できます。

 

なので、一番高く買い取ってくれる可能性が高いそうです。

他の会社をけん制するために、最初にG社に査定してもらって、その結果をもって他社を回りましょう!

そうすると、勝手にG社に張り合って、買取価格を高くしてくれますよ!

僕は偶然最初にG社に査定しに行ってよかったようです。

Left Caption
野生の勘ってやつかな
Left Caption
カッパだしな

秘技 いっせい呼び出し

出張査定をしてくれる中古車買い取り業者があります。

出張査定とは?指定した場所(家の駐車場とか)に来てもらって、査定してもらうサービスのこと。

出張査定をしてくれる業者を全て同じ時間に予約します

そして、入札してもらうというやり方が、ネット上でまことしやかに囁かれていました。

この方法で買い取り価格を競わせて、高価買取してもらった人もいるようです。

 

ただ、僕は今回やりませんでした。

まず、この方法を使った時点で、担当者を敵に回します

約束の時間に行ったにも関わらず、待ち時間が発生するわけですからね。

当然イラっとします。

買い取り業者も人間ですから、値段を引き下げにかかられる可能性がとまずいと考えたからです。

 

なので、この方法は諸刃の剣ですね。

上手くいけば価格は上がるし、失敗すれば買いたたかれちゃいます。

 

まとめ

どうでしょうか。

廃車にするはずのゴミ車が、15万円という大金に化けてくれました

たった3社を回るだけで、です。

一括見積を使っていたらいくらになったのか気になって仕方ないので、だれか代わりに使ってみてください。

感想を教えてください。

こんな感じ!

カッパ

 

雑記

Posted by カッパ