ルクセリタス子テーマのアップデート方法

2020年8月28日

今回はルクセリタスの子テーマをアップデートしてみたいと思います。

理由は読まなくてもOK。

 

子テーマの更新方法」まで飛ばしましょう!

 

アップデートした理由

なんでアップデートしたかというと、AMP用自動広告を導入しようとしたんですが、「子テーマの編集」の中に「AMP HTML(body)」が見当たらなかったんですね。

なので、子テーマが古いと予測した僕は子テーマを更新してみることに。

 

結果を言うと、古いのはルクセリタス本体の方でした。子テーマは最新のものを使っていたので無駄なことを数時間やっていました。

バージョンを確認すればやらなくて済んだのにね。

 

せっかくやり方を書いたので記事にしないとと本当に無駄なことをやってしまったことになる。

ということでやり方の説明ということにして記事にした次第です。

子テーマの更新方法

1.バックアップ

まずは子テーマに加えていたカスタマイズ内容のバックアップを取ります。

子テーマを更新すると、カスタマイズしていた内容が元に戻ってしまいます。

なので、バックアップを必ず取りましょう。

バックアップの取り方はダッシュボードの管理機能からやる方法もあるらしいんですが、今回僕は「メモ帳」に手作業でコピーしてバックアップを取りました。

 

僕がカスタマイズしていたのは「style.css」、「Analytics ( head )」、「functions.php」の3つ。

なのでこれらの内容をメモ帳にコピーします。

「Luxeritas」→「子テーマの編集」をクリック。

 

カスタマイズしているところをメモ帳に保存。僕の場合は下の3つ。

 

2.新しい子テーマをダウンロード

次にルクセリタスの公式HPで子テーマをダウンロードします。最新のものを選びましょう。

ダウンロードすると、デスクトップかコンピュータのダウンロードフォルダにZIP形式のファイルが保存されます。

 

3.古い子テーマを削除

ダウンロードした子テーマをそのままアップロードしようとすると失敗してしまいます。

古い子テーマを削除しないとアップロードはできないようです。

なので古い子テーマを削除しましょう。

 

子テーマを削除するには、他のテーマを有効化します。

 

他のテーマを有効化した後、「Luxeritas Child Theme」をクリック。

 

すると、右下に「削除」のボタンが表示されるのでクリック。

 

警告のダイアログボックスが出てくるので、バックアップがきちんと取れているか確認をしてから「OK」をクリック。

 

これで古い子テーマの削除は完了です。

 

4.新しい子テーマをアップロード

古い子テーマの削除が終わったら新しいものをアップロードしましょう。

「外観」→「テーマ」をクリック。

 

「新規追加」をクリック。

 

「テーマのアップロード」をクリック。

 

「ファイルを選択」→「luxeritas-3761.zip(新しい子テーマのZIPファイル)」→「開く」をクリック。

 

「今すぐインストール」をクリック。

 

「有効化」をクリックして完了。

 

5.カスタマイズをコピペ

1.でバックアップを取ったカスタマイズを同じタブに張り付けます。

これですべて完了です。

 

まとめ

これで子テーマのアップデートは完璧です。

 

僕は意味がなかったんですけど・・・

 

カッパ