iPhoneのカメラの設定を保存する方法を発見した

僕はブログ用の写真をほとんどiPhoneで撮影してます。

iPhoneで撮影した写真をブログに投稿する時は正方形の方がなにかと都合がいいんです。なので、基本的に「スクエア」という機能を使って写真を撮ってるんですが、カメラのアプリを閉じるとデフォルトのカメラに戻っちゃうんですね。

で、スクエアに設定するのを忘れたまま撮影するとブログ用に写真を加工するのがまあ面倒くさい。ペイントで正確に正方形にトリミングして、サイズをちょうどいい感じに縮小してとかなり時間がかかるんですね。スクエアに変えるのを忘れなければいい話なんですけど、急に写真を撮るときとかやっぱり忘れちゃいます。

ムービーをメインで撮影する人もいちいちビデオのボタンを押さないと撮影することができません。

これじゃあ大事な場面を撮り逃してしまう可能性があります。

 

なので、お気に入りの設定をデフォルトにする方法がないか調べてたらありました。

「設定を保持」という機能が追加されているようです。

これで、写真を撮るたびに「おっと、ビデオにしないと」というまどろっこしいことから解放されます。

 

設定方法

設定の前にまずはソフトウェアを確認しなければいけません。

この「設定を保持する」機能はiOS10.2以上にアップデートしていなければ使用できないからです。

確認方法

「設定」を開きます。

 

「コントロールセンター」をクリック。

 

「ソフトウェア・アップデート」をクリック

 

次の画面でiOS10.2より新しいソフトウェアであれば大丈夫です。(※iOS10.3とかiOS11など)

これより古かった場合はアップデートをしてください。

端末が対応していない場合は、ごめんなさい。こちらではどうすることもできません。買いなおしてください。

 

設定を保持の設定

iOSの確認が終わったらいよいよ設定していきます。

 

まずは「設定」を開きます。

 

下の方にスクロールすると「カメラ」があるのでそれをクリック。

 

「設定を保持」をクリック。

 

カメラモードを「ON」に変えれば完了です!

ちなみに、設定を保持するだけなので、前回カメラを閉じたときにビデオを使用していればビデオから、スクエアを使用していればスクエアから起動します。

なので、前回めったに使わない機能でカメラを閉じた時は注意しましょう!

 

まとめ

これで、カメラを起動した瞬間にお気に入りの機能で撮影することができます。

この便利な機能を使ってiPhoneカメラライフをエンジョイしてください!

 

こんな感じ!

カッパ