【長崎県某所】またクエ爆釣磯に泳がせ釣りをしに行った話 part2

前の日はクエを2回掛けるも、バラしてしまい悔しい思いをしました。『【長崎県某所】またクエ爆釣磯に泳がせ釣りをしに行った話  part1

バカな男たちは次の日にリベンジ。

 

今回は友人Tも追加して漁に行きます!

 

まずは釣具屋へ

何を隠そう、初参戦のTは自分の竿すら持っていない初心者なのです。

ただ、8月の終わりごろにSとYとクエ爆釣磯に釣りに行ったようです。僕抜きで。

その時2匹もクエを釣り上げていました。

初心者でもクエが釣れる。

 

さらにあの磯の評価が上がります。

 

ということで、『釣具のまるきん』でTの道具をそろえに行きます。

 

この時活躍したのがS。

Sはお勉強は全くしてきていません。

ですが、好きなことはとことん詳しく調べるし忘れないようで、釣りに関してはとても知識が豊富です。

『歩くウィキペディア』とか『釣り以外の知識は吸収できないスポンジ』とか呼ばれてます。

もちろん多少バカにしてます。

 

 

 

そんなSが選んだのがこのセット。

アジングをしている僕から見るとコスパが非常にいい。

 

けど、釣りが初めてだとビビって手が出ない価格帯。

そんな初心者T君。奥さんから許可をもらっているらしく、Sがオススメする竿とリールを即決で買いました。

 

僕も足りない分を買い足していきます。

まず、昨日アジの反応が良かったオレンジのワームを買います。

あと、まるきんにはめちゃくちゃコスパがいいジグヘッドが売ってあります。

普通のジグヘッドは5個入っていて300円くらいします。1個当たり60円くらいです。

 

まるきんのジグヘッドは何と30個入りで600円!1個当たり20円と普通のジグヘッドの3分の1の値段です。

 

重さは1g、1.5g、3g、5gとレパートリーは少ないですが、1gと1.5gがあれば大抵の場合は大丈夫。

1gを2つと1.5gを1つ買いました。

これでしばらく買う必要なし。

 

さらに、『ルアーを付けたまま移動する時に、ブランブランならないようにするために竿に取りつけるやつ』を買いました!

百聞は一見にしかず。

こいつです!

これを付けるまではガイドにジグヘッドを固定してたので、傷つきそうだなあと思ってました。思ってただけでずっと買ってなかったんで買えてよかった!

 

これで準備は完了。

いつでもクエを釣りに行けるぜ?

 

2日連続のクエ爆釣磯へ

仕事終わりのYを拾っていざ例の磯へ!

今日は昨日と同じ失敗をしないように、サビキまで準備しました。ファミリーフィッシングでも使われるように、何かしら釣るにはこれが一番!

 

8月の釣りで餌は買わないとか言ってましたが、クエを釣るためにプライドは捨てました。

エサを買ってでも釣る。

これを新しいポリシーにしたいと思います。

 

武士に二言はないとか言いますが、現代の男は状況に応じて柔軟に対応する応用力が求められます。

 

ということで、まだ朝マズメにはほど遠いですが、サビキでアジを狙っていきます。

 

サビキを初めて30分くらいたつと、豆アジがポツポツ釣れ始めます。

 

明らかに昨日アジングだけをしていた時とは違います。

少し明るくなり始めたころにはサビキは入れ食い状態。

アジングにもかなりアタリが出始めました。

 

やっぱり餌を撒くと魚は寄ってきます。

マズメ前にサビキで餌撒きしといてよかった。

今日は泳がせ釣りを堪能できそうです。

よかった。

 

6時ごろ

アジも持って帰ってもいいくらいの良型から豆アジまでかなりの数を仕入れました。

早速泳がせ釣り開始。

 

アジよ。

クエに化けてくれ。

わらしべ長者にしてくれ。

 

今日はまず僕から泳がせます。

 

40分くらいアジを泳がせたでしょうか。アタリもなく、ただ散歩をしているようです。

優雅なもんです。

1匹目は岩にラインが絡みついて逃げられました。

あのアジは命拾いしたな。

 

次のアジは場所を変えて泳がせたかったので移動していました。

その時、3匹のスズメバチから襲撃を受けます。

怖い。

久しぶりにスズメバチを間近で見ましたが、恐ろしい顔をしてます。確実に僕を襲おうとしてました。

 

そいつらから逃げ回ること5分。

やっとアジを水面につけてあげることができました。

 

が、時すでに遅し。

 

ほぼ瀕死の状態まで行ってます。

<ピコンピコン

一度泳がせたけど、ほとんど泳がない。

ごめんよ。アジちゃん。

 

次のアジに付け替えるために回収していましたが、天の声が聞こえました。

???「足元に沈ませてみろ」

ん?まあ沈ませてみるか。

 

瀕死のアジのフリーフォールです。

下手をすればもう亡くなっていたのかもしれません。

くるくる回りながら沈んでいきます。

 

底につきました。

 

もう動かないアジをいつまでも使っていても意味がないし、回収して次のアジに変えるか。さっきの声はなんだったんだ。

巻き上げていると、突然巨大な影がアジの遺体を襲います。

 

ゴンッ!!!
↑竿に伝わる衝撃音です。大きい魚を釣ったことがある人には伝わるはずです。

 

クエだ!

食う瞬間まで見えました。

 

速攻で合わせてゴリ巻きです。

ゴンゴンッ!!!

気持ちぃいー!なんも言えねえ!

 

で、上がってきたのがこいつ。

ドン!

やりましたぜ。

またもや釣ってしまったぜ。

<ドヤァ

これで、3分の2の確率ででクエを釣ってます。

しかも、釣れなかった1回はアジを仕入れるのが遅くなったのが原因。ちゃんとアジがいればクエが釣れてる可能性が高いです。

やっぱりこの磯は異常なほどクエが集まってくる場所のようです。

 

他の3人はというと、T以外の2人は1匹ずつ釣りました!!!

Tはかなり粘ってこんな所まで行ってましたが、結局ダメ。

ということで、今回の釣果は4人でアジ15匹、クエ3匹バラシ1匹でした!!!

まとめ

こんなに釣れていいのか?

いなくならないのか?

 

海がきれいなんで、1回素潜りしてそこの様子を見てみたい。

そんな感じ!

かっぱ

釣り

Posted by カッパ