釣りを始めるなら最初は絶対にアジングにするべき5つの理由

この記事を読みに来てくれたということは釣りを始めてみようかなと思ってますね?

釣りを始めるといっても釣りには色んな種類があります。

海ならサビキ、エギング、深瀬釣り、ジギング、泳がせ釣り、川ならフライフィッシング、友釣り、バス釣り・・・etc.

もちろん、僕も全ての釣りをやったことがあるわけではないので、詳しく説明できるのはいくつかしかありません。ただ、僕が釣りを始めたいと相談されれば、

「絶対にアジングから始めた方がいい」

と断言してます。

何種類もの釣りを経験している友人も同じように言います。

 

その理由を説明していきましょう。

 

アジングとは

アジングから始めた方がいい(断言)

とか言われてもまずアジングって何?って人もいると思います。

まずはアジングについて軽く説明します。

 

アジングは鯵(アジ)をルアーで狙う釣りです。

ルアーには2種類あって、ソフトルアー(ワーム)とハードルアー(ルアー)があります。

アジングの基本となるのはジグヘッドと呼ばれる針と重りが一体となったもの(左)にワーム(右)をつけただけの簡単な仕掛け。

これを『ジグ単』と呼んでる人もいます。

これを投げてアジを釣るという釣りです。

 

釣りの入門にはアジングが最適な理由

数ある釣りの中でアジングをなぜお勧めするのか。

この理由を見ていきましょう。

 

餌がいらない

餌を使う釣りで代表的なのは『サビキ釣り』です。多分、最初におススメされる釣りってサビキ釣りが多いんじゃないかな。正直アジを釣るには圧倒的にサビキの方が簡単です。数もたくさん釣れます。ただ、サビキ釣りは毎回餌の準備が必要になるし、餌の汁が車につくとさあ大変。臭いを取るのに一苦労です。

一方、アジングで使う仕掛けはジグヘッドとワームのみ。(※厳密にいえば状況に応じて色々な種類があります。)めちゃくちゃお手軽です。

一度道具をそろえれば釣り場に直行できます。

しかも臭くない!

 

仕掛けが簡単

釣りの仕掛けが難しすぎる。

多分釣り初心者が挫折する理由No.1がこれです。

仕掛けつくりは慣れるとすぐにできるんですが、何も知らない状態だとめちゃくちゃ難しいんですよね。1人で仕掛けを作れるようになるまで経験者と一緒に行かなくてはいけません。

経験者が身近にいればいいんですが、全員にいるわけじゃありません。1人で始めてみようと決心した初心者にはかなりの難関です。

 

その点アジングはめちゃくちゃ簡単。

ジグヘッドに

ワームを

刺すだけ。

これだけです。

サルでもできる簡単さです。

 

一年中どこでも楽しめる

例えば『キス』なんかは夏以外は深い場所にいて、船に乗らないと釣ることができません。キス釣り愛好家の人たちは夏以外の季節はムズムズしながら過ごすことになります。キス釣りも楽しいし、おいしいけど季節が限定されちゃうんですよね。もちろん僕も夏場はキスを釣ってます。

 

一方、アジは1年中、どこでも釣ることができます。

「よし、釣りに行こう」

となったタイミングで釣りに行くことができます。近くに漁港があるならだれにでもチャンスがあります。

 

初心者から上級者まで楽しめる

初心者でも簡単に釣れる釣りとして、サビキ釣りが有名です。小さいころに親と釣りに行ったことがある人は大体この釣りをしませんでしたか?

ただ、サビキ釣りはあまりにも簡単すぎて飽きちゃうんですよね。アジの群れがいれば漁をしてるかのごとく釣れちゃうんです。僕の嫁はサビキ釣り1回目で100匹くらい釣ってしまって飽きたと言ってました。嫁曰く、「途中から作業感が半端なかった」そうです。

アジングも釣れるときは100匹くらい釣れることもあるんですが、作業感が全くないんですよ。使ってるのが餌じゃないから釣ってやった感がハンパないし、アジのアタリ(ルアーに食いついてきた感触)が竿にダイレクトに伝わってきて気持ちいいし。

なので初心者を脱出した中級者でも楽しむことができます。

 

さらに言えば、アジングを極めてきた上級者は大物を求めて遠征することもできます。僕も去年の夏に大物のアジを求めて長崎まで行ってきました。⇒『【2019年6月15、16日】一泊で長崎県の青島に遠征してデカアジ釣りをしてきた

こんな大物を求めるのにもロマンがあります。

 

食べておいしい

釣りの醍醐味は魚を釣ることと、釣った魚を食べること。

アジはめちゃくちゃ美味しいんです!!!

漁師をやっていた祖父に聞いてみました。漁師をやってれば色んな魚を食べてきたことでしょう。1匹数万円するクエ、魚の王様的なポジションを気付いている真鯛、それこそ食べたことがない魚はいないレベルに。その祖父が「やっぱりアジが一番おいしい」と言うんです。それくらいおいしいんです。

ちなみに余談なんですが、テレビでアナウンサーが船に乗って釣れたての魚を何もつけずに刺身で食べていました。それを見た祖父は「醤油をつけんで美味しいわけなかろうが。」と一蹴していました。

食べ方としては刺身、塩焼き、アジフライなど。僕は大きいアジは刺身、小さいのはフライにして食べてます。

ちなみに僕もクエ、ブリなんかの高級魚を釣って食べてますが、アジが一番好きです。

 

まとめ

これらの理由から僕は初心者にはアジングをおススメしています。

少しでもアジングに興味が出たという人は一度近くの釣具屋に行ってみてください。

「初心者です!アジングがしたいです!予算は1万円です!」

と言えば店員さんがそれに合ったセットを選んでくれるはずです。

 

僕のサイトで道具のことをもっと知りたいという変わった人は、アジングを始めるのにおススメの道具を別の記事で解説しているのでそっちを参考にしてみてください。

釣り

Posted by カッパ